エコライフで家計にもやさしく!”

スマホの節電、意識していますか?

今や生活必需品と言っても過言ではないぐらいに普及したスマホですが、便利であるがゆえに、バッテリー切れなどでひとたび使えなくなると大変なことになってしまいます。
使い方によっては「1日も経たずにバッテリーがなくなってしまう。
」などということもあるのではないでしょうか。
使い方や設定などを見直すと節電ができる場合がありますので、検討をしてみてはいかがでしょうか。
まずは画面の明るさについてですが、屋外にいる際は明るくしないと見えない場合ありますが、逆に屋内にいる場合は少し暗くして丁度良い明るさに調整しましょう。
これだけでもかなり節電効果が期待できるのではないでしょうか。
次にWi-FiやGPSについてですが、確かに便利な機能ではありますが、これらの機能を使わないときはOFFにするとバッテリーの消耗がマシになるはずです。
後はアプリのバックグラウンド更新機能なども、もし必要でないのならOFFにしてみても良いのではないでしょうか。
以上の内容はもちろん状況や環境によっては効果がない場合もありますが、普段の使い方で節電を意識して、できるだけバッテリーを消耗させずに長持ちをさせたいものです。

スマホの節電のキホン

スマホは写真やアプリなど、いろいろな機能があって、つい使いすぎてしまいますね。
電池がすぐに切れて、こまっている方も多いのではないでしょうか。
ここで、基本の節電方法についておさらいしておきましょう!まず、いらないアプリを入れすぎていませんか。
スマホはパソコンと同じです。
メモリーの使用容量が増えると、負荷が増えてしまいます。
さらに使わないのにアプリを起動しているものは言語道断です。
オフラインにして、使う物だけオンラインにするように気をつけましょう。
これだけでもずいぶん違います。
また、起動しているつもりがなくても、常にバックグラウンドでデータ通信を行うアプリもありますので、よく説明を読むなどして、なるべくむだを減らしましょう。
また、液晶の明るさはどうなっていますか?あまり明るすぎると、そのぶん電池を消費してしまうので気をつけましょう!それから、充電の仕方にもコツがあるようです。
充電池につなぎっぱなしは電池を消耗する機種もあるそうなので、よく確認して賢く使いましょう!

『節電 スマホ』 最新ツイート

Last update:2016/8/9