エコライフで家計にもやさしく!”

パソコンの電力を節電するオススメの方法!

パソコンを使用する時間が長いほど、この電力をどうやったら節約できるか気になる人も多いかもしれません。
ここではパソコンを節電する方法をいくつかご紹介します。
まず、電力を最も消費しているディスプレイの節約から始めましょう。
ディスプレイの明るさを調節することで電力を大きく削減できます。
無理に明るさを下げる必要はありませんが、適切な明るさを維持できるなら輝度は下げておいたほうがいいでしょう。
また、自動的にスリープになる時間を設定することで電力を節約することも可能です。
使用環境によって異なるので一概に時間は決められませんが、スリープになる時間をうまく調節することで使用電力は減ります。
また、思い切って新しい機種を購入するというのも効果的な方法です。
IT機器の技術は特に日進月歩しているので、数年前と現在とでは大幅に改良された商品が市場に出ています。
あまり古い機種を使い続けるよりは、新しい機種を購入したほうが経済的かもしれません。

手軽にできるパソコンの節電方法

仕事で長時間パソコンを使用していると電気代が高くなってしまいますが、いくつかのポイントを守って実行すれば電気代を大幅に節電可能です。
オペレーションシステムにはスリープ機能が標準で備わっています。
スリープ機能とは一定時間使用しない場合に自動的に電源が落とされる機能で、再びキーボードやマウスを触るとパソコンが反応し通常通り使用できる機能です。
電源が落ちる時間はコントロールパネルから自由に設定できるので、自分で任意の時間を設定します。
電源が落ちている時間はスリープ状態で、必要最低限の電力だけを使用しているので電力を抑えられます。
パソコンは起動するときに最も電力を消費するので、仕事中に頻繁に席を外す場合は、電源をオフにするよりもスリープ機能を使うことが節電に有効です。
スリープ機能時の消費電力は非常に小さいので、睡眠時なども電源をオフにするよりスリープ機能を利用するほうが電気代を抑えるのに有利です。

『節電 パソコン』 最新ツイート

@olivie_g_bot

パソコンつけてると暑いね…節電するのもいいけど、自分の体も大事だからね。暑いと思ったら我慢しないでクーラーとかつけなよ…

1日前 - 2019年01月22日


@elemonodb

□節電豆知識 パソコン編□ パソコンは起動時に電気を消費しやすい。長時間使わない時以外はスタンバイモードにすると節約できる。

1日前 - 2019年01月22日


pickup

2017/10/26 更新